包茎について悩んでいた

昔を思い出してみると、といっても今現在もそうなんだけど、いっつも何かしらの悩みを抱えていた気がする。それが普通なんだろうけどね。もともと考え込むタイプだし、結構いつまでも引きずるタイプ。性質悪いな。

高校くらいのときはしょっちゅう包茎について悩んでいた気がする。今も仮性だし変わってはないんだけど、最初のほうは「もうちょっと大人になれば変わるだろ。」って楽観視してたのが、次第に「もしかしてこのまま?」とか考え出す。
この手の情報って今では簡単に手に入るだろうけど、俺のその時代はここまで情報発達はしてなかったから、雑誌なんかでしか目にすることがなかった。情報がすくないから余計に悩んだんだね。
一時期そうとうに悩んだ気がする。いつまでに剥けてないと包茎なのかって直球で質問されると、それに答えるのは難しいな。みんなが同じ様に成長するのであれば答えもあるんだろうけど。

成長するスピードも人それぞれだし、そう考えると答えはないのかもしれない。ただ、身長が伸びなくなったころに仮性包茎から変化がなかったから、そんな時に諦めたような気がする。身長が伸びなくなったのにここだけまだ成長するってのも考えにくいしね。

それに比例してこの成長も止まるんじゃないかなって事。正解かどうかは知らんぞ。

あくまでも一つの意見としてとらえていてほしい。心の底では俺だって「もしかしたらまだ可能性があるかも」とは思ってるけどね。

男ってかわいいもんだな。

page top

 
気が付くと成長は終わってる感じ